ほのぼのエコ生活。

毎日の楽しかったこと、発見したことを情報発信していきます!!

ドイツではタクシー・バスの止め方に御注意を!!

ドイツに住み始めて間も無いときに経験した、嘘のような本当の話です。

知り合いとお酒を飲み終わり、最寄の地下鉄メトロの駅から自宅まではタクシーを拾うことにしました。

f:id:brilliant-life:20180612121948p:plain

深夜を過ぎているものの、タクシーはポツポツ通ります。

しかしながら、タクシーが通る度に手を挙げて呼び止めようとするも、こちらには気付いている様ですが全く止まってくれません。

他に客が乗っているわけでもなく、空車です。

合計5台程には無視されたと思います。

...

なんで止まってくれないの?

日本人は乗車拒否?

...

バスの運行時間も終了しているので15分くらい途方に暮れてたとき、私はあることを思い出しました。

ドイツでは、タクシーとかバスを停車させるときには手を上方向に挙げるのは駄目で、横から斜め下方向に向けて手を差し出して合図する必要がある、と聞いたことがありました。

理由はというと...そうです。

上に手を挙げると、それはヒトラーを思い起こさせるから。

 

本当にそうなのかと思いながら、タクシーが次に来たタイミングで、手を道路を指すような角度で出してみました。

f:id:brilliant-life:20180612122912p:plain

 

すると、一発で止まってくれました。

うそっ! 本当だった!

 

嘘のようで、本当の話です。

後にドイツ滞在期間が長い人に聞いてみても、コレは常識とのこと。

周囲のドイツ人を見れば、手を上に挙げる人はいないので、すぐに納得できると思います。

 

また、関連注意事項として、バス停留所では、停留所で立っているだけだったらバスは止まってくれません。

バスが来た際には、運転手からわかるように、タクシーを止めるのと同じように手を伸ばして(上方向は駄目ですよ)バスを止める必要が有ります。

「私が乗るよ~!!」と意思表示する必要があるということですね。

止まってくれると思ってボーっと立っているだけだったら、そのまま素通りされます。

(コレはドイツだけでなく他周辺各国共通と思います)

 

ドイツに行った際はご留意を。