ほのぼのエコ生活。

毎日の楽しかったこと、発見したことを情報発信していきます!!

トマトの葉の裏にハチの巣が!?

ちらは我が家のミニトマト(アイコ)です。

私の身長程に大きくなり、実もたくさん付いてきました。

昨年は支柱をしっかり立てずに途中から折れてしまって失敗してしまいましたが、今年は頑丈に支柱を立てましたので今のところ大丈夫です。

f:id:brilliant-life:20180622112650j:plain

 

葉っぱの状態をボ~っと見ていた時、気になるものを見つけました。

ん? 何コレ。

トマトの葉っぱの裏に付いてます。

f:id:brilliant-life:20180622113030j:plain

 

さらにズーム。

とっくりの形をした何かの巣でしょうか?

ひょっとしてハチの巣?

f:id:brilliant-life:20180622113119j:plain

 

早速、葉から剥がしました。

土で作った巣のようです。

小指の先っちょくらいの大きさで、小さいです。

f:id:brilliant-life:20180622113303j:plain

 

葉から剥がしたところの穴から覗くと、幼虫のようなものの姿は見当たりません。

ん? 上から何か小さいものがぶら下がってる?

f:id:brilliant-life:20180622113505j:plain

 

角度を変えると...

卵のようです。

動いてません。

f:id:brilliant-life:20180622113641j:plain

 

ピンセットでつまむと、大変柔らかく、すぐに潰れてしまいました。

巣の下に見えるのがそうです。

f:id:brilliant-life:20180622113739j:plain

 

これが何の巣なのか調べたところ、これは「トックリバチ」の巣であることがわかりました。

 

トックリバチ

「トックリバチはミカドトックリバチとも呼ばれます。体長11~15mm。黒色の体に胸部,腹部に黄色い帯状の模様と胸部に黄色い1対の紋があります。名前が示すように巣は、泥土で作られ徳利(とっくり)の形をしています。徳利の天井に卵を生み付け、ガの幼虫を仮死状態にして詰めます。入り口を泥で固め、ふたをして完成させます。トックリバチは孵化後ガの幼虫を食べ成長し、羽化後に入り口のふたを破って外に出てきます。」

f:id:brilliant-life:20180622115524p:plain

http://fukumitu.sakura.ne.jp/insect/hachi_.html

 

トックリバチはその姿から想像できませんが手で掴もうなどとしない限り人を襲うようなことはほとんど無く大人しい性格のようで、蛾の幼虫を捕えてくれたり花の蜜を吸うことにより受粉をしてくれるということから、益虫という側面が強いハチということで、必ずしも巣を駆除しなければならないということは無いそうです。

 

私が見つけた巣は、蓋が閉まってなくて中に卵以外入ってなかったので、親バチが餌となる幼虫を入れる前の状態だったんだと思います。

 

これが益虫であるトックリバチの巣ということがわかっていれば、駆除しなかったんですがね~。

かわいそうなことをしました。

今度見つけたらそっとしておこうと思います。

 

 

大阪府でクワガタ・カブトムシ採集(2018年6月22日)

久しぶりの良い天気。

 

明日からまた天気が悪くなるということなので、帰宅途中に近くの河川敷にちょっと寄り道。

 

この河川敷では今まで一度もクワガタ・カブトムシを捕まえたことが無かったのであまり期待せずにウロウロ。

 

周囲では子供達が大勢遊んでいたので、もしいたとしても既に捕られているだろうと思っていたその時!

 

この木の隙間にクワガタらしき甲虫のお尻が見えました。

 

頭だけを隙間に突っ込んで、頭隠して尻隠さず状態!

 

f:id:brilliant-life:20180622224153j:plain

 

引っ張り出してみたら、小さなコクワガタのメスでした。

 

f:id:brilliant-life:20180622224306j:plain

 

 

その場にリリースしてあげました。

 

発見できたのはこの一匹だけでしたが、この河川敷でもクワガタがいるということがわかっただけ収穫でした。

 

(↓以下の記事に採集記録まとめてま~す。↓)

brilliant-life.hatenablog.com

海外でのスリ対策【これをしておけば安心です!】

f:id:brilliant-life:20180621124420p:plain

 

私は5年以上の海外生活を経験したことがあるのですが、その間にスリには何度も遭遇しています。

 

公共バスの中、美術館の中、観光広場、ホテルの部屋、と様々な場所でスリに遭遇しました。

 

私には小さな子供もいたので、スリ犯からすれば恰好のターゲットでした。(注意力散漫になる子供連れの家族がターゲットになりやすい)

 

しかし、被害は0(ゼロ)です。

 

何も取られておらず、全て未遂で終わってます。

 

何故何も取られずに済んだのかは、それなりにスリ対策をしていたからだと思ってます。

 

具体的にどういうスリの手口だったかは、今度記事にすることにして、今回は、そんな私がお勧めするスリ対策方法をご紹介します。

 

 

 

お勧めのスリ対策グッズ

 

私がお勧めするスリ対策グッズは、ズバリこの1点、セキュリティーポーチ(シークレットポーチ)です。

f:id:brilliant-life:20180621120545j:plain

f:id:brilliant-life:20180621120842j:plain

 

使い方は?

 

腹巻のようにして、服の中に隠します。

 

殺されない限り、盗まれないという寸法です。

 

私は肌着の下に隠してました。

f:id:brilliant-life:20180621122915p:plain

結構薄っぺらいので、お腹に巻いてても目立ちません。

 

パスポートやクレジットカード、IDカード、運転免許証、大金など、家族全員の重要なものをコレに入れ、肌身離さずお腹に巻いてました。

 

お店でお金を支払う時に毎回お腹を出すと周りにスリ犯がいると隠し場所がバレてしまうので、セキュリティーポーチ(シークレットポーチ)は外出しているときはず~っと下着の中から出さないようにし、最悪は盗まれても良い小銭を別の財布に入れてポケットやカバンの中のすぐに出せるところに入れておいてお店での支払い時にはその(盗まれても良い)財布を使う様にしてました。

 

どこで買えるの?

 

このセキュリティーポーチ(シークレットポーチ)は、アウトドアグッズ、旅行用品が売ってあるお店に行けばすぐに手に入ると思います。

各社メーカーが出していて、値段はピンキリですが1,000円前後。

最悪買い忘れても、空港内のトラベルグッズコーナーに置いてあると思います。

 

 

番外編

 

また、私がやっていた防犯対策として、リュックサックに南京錠を付けてました。

 

勿論、ダミーです。

 

ちょっとでも、「スリに警戒してますよ!」と思わせる効果を出すためです。

 

f:id:brilliant-life:20180621124026j:plain

 

海外旅行や海外赴任をされる方、是非参考にしてみてください。

 

「御朱印帳」を片手に楽しく神社仏閣巡り

私は、神社仏閣巡りを趣味の一つとしています。

どこか旅行などで遠出をした際には、近くに有名な神社仏閣があるか確認し、有れば必ず立ち寄って参拝するように心がけてます。

そして、参拝した際に必ず行なうのが「御朱印をいただくこと」です。

なので、参拝する際には、必ず御朱印帳を持参していきます。

今回、その御朱印帳についてご紹介します。

f:id:brilliant-life:20180620154854j:plain

 

 

御朱印とは

御朱印は元々、参拝者が写経をしてそれを奉納した証として授与されたもので、記念スタンプとは全く内容を異にするものです。

しかしながら、こういう表現は賛否両論ありますが、最近は参拝記念として御朱印を収集する人も増えてます。

 

御朱印はどこでいただけるの?

神社・お寺の朱印所や納経所で書いていただけます。

たいていは、張り紙等が掲げてありますのですぐにわかると思います。

わからなければ、「御朱印はどこでいただけますか?」と聞きましょう。

 

御朱印はどのタイミングでいただくのが良いの?

基本的には、お参りを済ませてから御朱印をいただきたいものではありますが、先に御朱印帳をお預けして、書いていただいている間にお参りを済ませる方が都合が良いこともあるので、臨機応変に対応しましょう。

 

御朱印代はお幾ら?

通常は300円。500円とか1,000円とかもあるらしいです。

中には、「お志し」として、金額を指定されない場合もあるらしいです。

お釣りがいらない様に、事前に小銭を用意しておきましょう。

「お志し」としてお渡しするお金なので、お釣りをもらうのも変ですよね。

はじめての人で御朱印帳も持っていなければ、その場で購入できます。(私も現地で購入しました)

 

私が御朱印をはじめたきっかけ

観光で広島県厳島神社に参拝した際、参拝記念のつもりではじめたのがきっかけです。

記念すべき最初の御朱印世界遺産厳島神社、というのもなんか素敵でしょ。

最初にいただいた厳島神社御朱印があまりにもかっこよくて、それから「御朱印」にはまっていきました。

f:id:brilliant-life:20180620154936j:plain

 

そして御朱印が増えていくと、今はこんな感じです。

表面が御朱印で埋まると、裏面に書いてもらうことになります。

f:id:brilliant-life:20180620160528j:plain

 

中でも気に入っているのがコレ、冨士山小御嶽(こみたけ)神社。

冨士山らしく、迫力あるでしょ?

f:id:brilliant-life:20180620161250j:plain

 

ところで、実は私は神社とお寺で御朱印帳を分けてます。

お坊さんに尋ねたところ、分けるべきか分けないべきかといった規則はなく、人それぞれだということでしたが、私は分けてます。

上の御朱印帳は神社用です。(間違えてお寺の御朱印も混ざってますが)

下の御朱印帳がお寺用です。

f:id:brilliant-life:20180620160838j:plain

 

お寺用の御朱印帳の最初の御朱印は、こちらも世界遺産である京都の天龍寺

いい感じでしょ?

f:id:brilliant-life:20180621155938j:plain

 

数多く神社仏閣がありますが、私は世界遺産に登録されている神社仏閣をまずは優先的に参拝をしています。

これは楽しく神社仏閣巡りをするための、私なりのこだわりであり、テーマとしています。

 

私にとって御朱印帳は神様仏様の御祈りが宿ったようなものと考えているので、御朱印が増えていくと、それだけ大変有難いものだと信じてます。

この御朱印帳は、いまや私なりの「お守り」みたいな存在となってます。

 

日本全国には数えきれないくらいの神社仏閣があり、私が参拝できているのはまだまだごく一部で、今後も参拝を御朱印とともに楽しみながら続けていこうと思ってます。

 

睡蓮鉢でメダカのビオトープにチャレンジ 【Vol.7 : 黄色い花】

こちらは我が家に2種類ある睡蓮鉢ビオトープのうち、樹脂製睡蓮鉢のビオトープ

f:id:brilliant-life:20180620112110j:plain

 

自然採取してきた「ヒメホタルイ」と思われる水生植物(シュっと伸びている植物)は日に日に元気が無くなってきているような感じです。

こんなもんなんかな?

しかしながら、花が咲きました。

約20日前に紹介したときは以下の様に緑色の蕾と思われる状態でした。

f:id:brilliant-life:20180531133644j:plain

brilliant-life.hatenablog.com

 

約20日後の現在の状態は以下の通り。

これはれっきとした花ですよね。

黄色い花が咲きました。

これからどう変化するのか楽しみです。

f:id:brilliant-life:20180620112600j:plain

 

また、メダカ達も元気です。

ほとんど餌をあげてないのに...

1匹だけいる稚魚も、日に日に成長しています。

黒色の体色、まさしく黒メダカですね。

f:id:brilliant-life:20180620113337j:plain

 

でも、もっと稚魚が増えてくれるといいのですが...

 

トイレ内の表示に違和感

外出先でトイレに入ると、禁煙・火気厳禁の表示を良く見かけますよね。

私は以前からその表示内容に違和感を感じてなりません。

以下の表示は一つの例です。

f:id:brilliant-life:20180619112236p:plain

 

「トイレ内には感知器を設置しております。ライター・マッチ等を使用されると警報音がなり、防災センターへ通報されますので、使用されないよう、お願いします。」

 

違和感、感じませんか?

 

何かコレ、警報音が鳴って防災センターへ通報されてしまうから、ライター・マッチ等を使うな、と言っているように思えてなりません。

 

本来、火事の原因になるからライター・マッチ等を使うな、と書くべきでは?

 

警報音が鳴って防災センターへ通報されるのが嫌ならば、感知器を付ける意味が有りません。

 

私なら、次のような表現にします。

「トイレ内は全面禁煙ならびに火気厳禁です。火事の原因となるタバコやライター・マッチ等の使用を禁止します。(トイレ内に設置してある感知器は、ライターやマッチ等の小さな火にも感知して警報音を鳴らし、防災センターへ通報します。)」

 

どうでしょう? 長々とクドイかな?

 

さらに、大きく赤字で注意と記載されてますね。

両側に禁煙と火気厳禁のマークがあり、真ん中に感知器のマークが。

あたかも、「感知器に注意」と言っているようなもの。

感知器に注意して火を使えばいいということ? 違うでしょ?

私なら、注意の代わりに、

禁煙・火気厳禁

と明確に書きますが。

 

ひょっとして、「全面禁煙・火気厳禁」というダイレクトな表記よりも、「感知器に注意」といった間接的な表記のほうが火事抑制に効果が有るというデータを元に、敢えてこのような表現にしているという背景があるのかな?

そうであれば納得です。

 

ゴマダラカミキリ

最近、ゴマダラカミキリをよく見かけるようになりました。

同じ甲虫でも、クワガタかカブトムシのほうが嬉しいのですが。

f:id:brilliant-life:20180615130318j:plain

f:id:brilliant-life:20180615130347j:plain

f:id:brilliant-life:20180615130421j:plain

 

ところで、私は昔からこのゴマダラカミキリを見ると、ウルトラマンに登場していた「ゼットン」をいつも思い浮かべてしまいます。

な~んか、似てませんか?

f:id:brilliant-life:20180615130552p:plain

f:id:brilliant-life:20180615130612p:plain

 

ゼットンについて調べてみると、やはり思った通り、背中の甲羅がゴマダラカミキリをモチーフにしていたとのことです。

ウルトラマン世代でない人たちにはあまり興味無いかな?

ゴマダラカミキリについての大変短い内容でしたが、以上で~す。